運転免許証取得の流れ

運転免許証の取得にあたり、受験者は2つの試験をパスしなければなりません。自動車等の運転操作ができることを証明する技能試験と、道路交通法の標記にしたがって運転できる知識を証明する学科試験があります。 技能試験は、自動車やバイクの

を問題なく行える技術があることを、審査員に確認してもらうもの。取得する免許によって技能試験の有無が変わりますが、原付以外はすべて実技テストを実施します。 指定自動車教習所または運転免許センターで試験ができますが、9割以上の人が前者を利用しています。一部では一発試験が人気になっているため、後者を利用して運転免許証を取得する人もいます。ただし、こちらは教習所以上に採点基準が厳しいことから、事情により運転免許証を失効した人が利用するのに適しているでしょう。

学科試験は、道路交通法を正確に理解しているかを測るペーパーテスト。本免許の場合、教習所で技能試験を合格、または運転免許センターの試験後、テストを行います。免許をまったく持っていない場合は別ですが、どれかの運転免許証を持っていれば、他の乗り物のテスト時、学科試験は免除されます。

自動車やバイクは、私たちが生活する上で重要なものです。全員が安全運転を行い、交通事故を防ぐことを目的に、運転免許証の取得が法律で義務付けられています。そのためには試験が欠かせません。当サイトでは、運転免許証取得までの流れなどを解説しますので、ぜひともご活用ください。

▽注目サイト
運転免許を通学ではなく合宿で取りたいと思っている方向けの合宿免許の情報サイトです >> 合宿免許

Copyright © 2014 運転免許の試験について All Rights Reserved.